POJAGI工房 Koe

トップページ > 日韓友情のポジャギ > 「第3回日韓友情のポジャギ展 in 大阪」の様子・ご報告

「第3回日韓友情のポジャギ展 in 大阪」の様子・ご報告

「Piece to Peace!」 小さな布から始まる平和と友情をスローガンに2005年から始まった日韓友情のポジャギ展。 日本と韓国から466名の参加者の手によって作られた赤・黄・青・黒・白のポジャギが481枚展示されました。 会期中はユニセフ募金のチャリティーイベントも開催されました。


■ 会期- 4月9日(木)~12日(日)10:00~18:00
       (初日は13:00会場、最終日17:00閉場)

■ 会場-大阪国際交流センター (大阪市天王寺区上本町8-2-6)
       お問い合わせ  POJAGI工房koe(TEL) 072-245-3327

■オープニングイベント(4月9日)

*13:00~ 会場にてオープニングレセプション
*14:00~ MBSアナウンサー八木早希さんによるミニトークショー
*15:00~16:40 ポジャギ体験ワークショップ ~モシで作る「虹色のブックカバー」~

■後援-韓国観光公社 大阪支社

 

***************************************************************************************************

 

「第3回日韓友情のポジャギ展 in 大阪」、多くのご来場者でにぎわう中、閉幕しました。
4月9日~12日の4日間300人を超える方々が会場に足を運んでくださいました。
初日から最終日まで天候にも恵まれ、窓から降り注ぐやわらかい春の日差しの中、
ポジャギ作品も一層美しく映えました。
窓からのぞく公園には満開の桜の花が見え、穏やかな春の日を満喫できました。

初日はオープニングイベントとして、友情のポジャギをつくる会からご挨拶と韓国の伝統茶「オミジャ茶 (五味子茶)」と「ゆず茶」を用意させていただきました。
レセプションには130人を超える方々が駆けつけてください、大盛況でした。
引き続き行われたMBSの人気アナウンサー八木早希さんによるトークショーにも多くの方々がお見えになり、 とても楽しいお話にみなさん聞き入っておられました。
短い時間でしたが、ソウルで過ごした幼いごろの思い出話やポジャギの話、グルメのお話、韓国式美容健康のお話など、 思わずメモしたくなる内容ばかり!
とても親しみやすい方で、その人柄にも皆さん一目ぼれ、ますます大ファンになられたのでした。
ご多忙なスケジュールの中、快諾してくださった八木さんに本当に感謝しています。

会場には481枚の小さい5色(赤・青・黄・白・黒)のポジャギを色でまとめて飾らせていただきました。
それからポジャギ学習者による創作作品も40点あまり友情参加していただきました。

また期間中は1回目・ 2回目にご応募いただいた作品によるチャリティーイベントも開催し、
一口1000円の募金(ユニセフ)をされる方に友情のポジャギを1枚をプレゼントしました。
募金にご参加下さった方々、ありがとうございました。
今までのチャリティーイベントによるユニセフ募金内容は次のようになります。

 

2008年8月 韓国慶州展 700,000ウォン ユニセフへ寄付
2008年12月 東京展 100,000円 ユニセフへ寄付
2009年1月 福岡展 87,000円 ユニセフへ寄付
2009年4月 大阪展 118,400円 ユニセフへ寄付

 

最後に開催前日の準備からいろいろ手伝っていただいたポジャギ仲間の皆さん、お疲れ様でした。
オープニングや会場の様子を掲載いたします。どうぞ。