POJAGI工房 Koe

トップページ > ポジャギの部屋

ポジャギの部屋

  • ポジャギの歴史

    韓国語で「ポジャギ」とは、ものを包んだり覆ったりする布のことで、 日本の風呂敷や袱紗のようなものです。 ポジャギといってもその種類は多く、 はぎれをつなぎ合わせて作るパッチワーク風のもの、刺繍入りのもの、綿をはさんで刺子風に作るもの、油紙で作るもの、 木版を押して作る柄入りのものなど実に様々です。特...

    つづきを読む

  • ポジャギの種類・用途

    ポジャギはそれを使用した階級によって「宮褓(クンポ/宮廷で使われたもの)」と「民褓(ミンポ/庶民が使うもの)」に分けられ、さらに民褓は作り方によっていくつかに分けられます。 繍褓(スボ) 絹に花・樹木・吉兆とされる動物・縁起のいい紋様を華やかな刺繍を施したポジャギで、主に婚礼などの吉事に使用。 チョ...

    つづきを読む

  • ポジャギに使う布

    ポジャギは基本的に、チマ・チョゴリなど朝鮮半島の伝統服「韓服(ハンボク)」の布地で作ります。もともと、服を縫った残りのはぎれで作られてきたので、素材はおのずとそうなってきました。絹や麻が中心で、どれも単色で柄がないのが特徴。韓服自体に柄がなく、織り模様入りのものを使うか、刺繍や金銀の箔で装飾をしたの...

    つづきを読む

  • ポジャギに使う道具

    ポジャギだからといって、ポジャギ専用の道具は必要ありません。 基本的には裁縫箱に入っているようなもので、十分です。 a はさみ 小さな布から大きい布まで扱うので、布切はさみは大小そろえておくと便利です。 b カットワーク用はさみ ポジャギの縫い方の一つ「合わせ三つ巻き縫い(ケキ縫い)」に欠かせないは...

    つづきを読む

  • こうもり飾りの作り方

    こうもりは多産・まよけの意味があり、古くから縁起がいいとされてきました。そのこうもりが羽をひろげた姿に似ていることから「こうもり飾り」といいます。韓国語では「パクジ」。どういう風に作ったらこんな形ができるの?ちょっと不思議でしょう。作り方は意外と簡単。小さなリボンのような、こうもりのような、かわい...

    つづきを読む

  • 糸の通し方

    基本的に糸は1本取りです。1本取りで作業をすると、途中糸が外れたりする場合があります。糸が外れないようにする裏技、どうぞお試しください。 1、針に糸を通します。絹糸は長いと絡みやすいので、糸の長さは40cmくらいがおすすめです。 2、先端から5cmくらいのところで、糸を割るように2回針先を通します。...

    つづきを読む

Page: 1 2 |