POJAGI工房 Koe

トップページ > ポジャギの部屋

ポジャギの部屋

  • 基本の縫い方① 巻きかがり縫い

    ポジャギで最も多く使われる縫い方です。縫い代を折った2枚の布の折り山をかがっていきます。韓国語では「カムチムジル」といいます。縫い目がアクセントにもなるので、目立つ色の糸を使うことも多いです。 *用意するもの:へら・へら台(カティングマットなど)・定規・アイロン 1、縫い代は7~8mmです。布の裏に...

    つづきを読む

  • 基本の縫い方② 折り重ねはぎ(巻きかがり縫い技法)

    片方の布の縫い代を、もう一方の縫い代でくるんで巻きかがる縫い方です。どちらの面にも縫い代端が出ないので、一重仕立ての作品によく使います。また、表と裏が同じ縫い目に仕上がるのも特徴です。韓国語では「サムソル」といいます。 モシ(麻)や薄絹などの透明感のある生地がおすすめです。初心者は縫い代を5mmくら...

    つづきを読む

  • 基本の縫い方③ 折り重ねはぎ(ぐし縫い技法)

    片方の布の縫い代を、もう一方の縫い代でくるんで巻きかがる縫い方で、一重仕立ての作品に使います。韓国語では「サムソル」といいます。 薄絹などの生地がおすすめです(麻はかたいので、ぐし縫いの技法は不向き)。初心者は縫い代を5mmくらいにするとやりやすいです。極めれば3mmまで細く仕上げられます。 *用意...

    つづきを読む

  • 基本の縫い方④ 合わせ三つ巻き縫い

    薄手の生地でチマチョゴリを仕立てるときに使う縫い方で、 縫い代は凛とした細い線に。韓国独自の縫い方で、韓国語では「ケキ」といいます。縫い代の幅が均等になるように心がけましょう。 薄絹など、運針がしやすい布に向いています。 繊細でシャープな線が魅力のポジャギに仕上がります。糸はなるべく布の色と同色系の...

    つづきを読む

Page: 前の6件 | 1 2