POJAGI工房 Koe

トップページ > ポジャギの部屋 > ポジャギに使う布

ポジャギに使う布

ポジャギは基本的に、チマ・チョゴリなど朝鮮半島の伝統服「韓服(ハンボク)」 の布地で作ります。もともと、服を縫った残りのはぎれで作られてきたので、素材はおのずとそうなってきました。絹や麻が中心で、 どれも単色で柄がないのが特徴。韓服自体に柄がなく、織り模様入りのものを使うか、刺繍や金銀の箔で装飾をしたので、 ポジャギも同様の傾向があります。


《モシ(苧麻)》

 

薄手の麻、イラクサ科の多年草である苧麻(ちょま)の茎から作られます。 日本語では「からむし」。繊細な透明感、シャリッとしつつも柔らかさのある素材感が魅力です。一重仕立て向き。合わせ仕立てでも。 初心者の方におすすめの素材でもあります。平織りで、表裏の区別はありませんが、天然素材なので染めムラや織りムラがある場合があります。 ムラの少ないきれいな面を表にしてください。

 

《サムベ(大麻)》

厚手の麻。麻科の一年草である大麻の茎から作られます。 モシに比べると目が粗く、ざっくりとしているのが特徴。使えば使うほど味が出てくる布です。一重仕立て向き。

 

《ムミョン(木綿)》

韓国伝統の木綿。厚手のしっかりした生地なので、 普段使いの雑貨などの製作におすすめです。

 

《ミョンジュ(明紬)》

平織りの厚手の絹で、単色・無地のもの。柔らかなつやがあります。 小物作りや合わせ仕立て向き。

 

《オクサ(玉紗)》

無地の薄手の絹。透け感と独特のつむぎ調の糸模様が魅力で、 はりのある素材です。この糸模様が生まれるのは、縦糸に生糸、緯糸に節糸を使っているため。一重仕立て向き。合わせ仕立てでも。

 

《ノバン(シルクオーガンジー)》

薄絹。シルクオーガンジーのような透け感や、つやが特徴。 日本のものに比べてはりがあります。一重仕立て向き。合わせ仕立てでも。初心者におすすめの素材です。

 

《織り模様入りの絹》

花・果実・吉祥文様などが織り込まれています。文様の美しさが魅力。 厚さや柄の種類から、スコッサ・カプサ・ハンナなどの名称があります。

 

《タン(緞)》

タンはいわゆる韓国伝統のサテン地のようなものです。 しっかりとした厚手の絹で冬用の韓服に愛用されます。上品な光沢が魅力。ポジャギはもちろん、 小物作りや韓国刺繍の土台布としてもおすすめです。

 

*絹の名称について
スコッサ・カプサなど古くから伝わるものもありますが、 毎シーズン発表される伝統生地は数十種類。昔ながらの名称に当てはまらないものも多いです。 大体は織り模様から因んだ名称がよく付けられます。たとえば花鳥紋紗や牡丹絹・・・のような具合です。


*布の巾について
麻は約29~32cm、ミョンジュは38~39cm、オクサは35~36cm、ノバンは110cm、その他の絹類は55cm巾が主流です。


*布の扱いについて・ポジャギのお手入れについて
基本的にはすべて水洗いできます。麻のものはネットに入れて手洗いモードで洗うこともできます。絹のものは手で押し洗いしてから、 タオルに押し付けて水気を取ります。仕上げはアイロンをかけますが、麻は半乾きのときにかけないと、 なかなかしわがのびないので注意しましょう。アイロンの温度は麻類は高温(スチーム可)、絹は中温です。