POJAGI工房 Koe

トップページ > ポジャギの部屋 > ポジャギに使う道具

ポジャギに使う道具

ポジャギだからといって、ポジャギ専用の道具は必要ありません。
基本的には裁縫箱に入っているようなもので、十分です。

 


a  はさみ
小さな布から大きい布まで扱うので、布切はさみは大小そろえておくと便利です。


b  カットワーク用はさみ
ポジャギの縫い方の一つ「合わせ三つ巻き縫い(ケキ縫い)」に欠かせないはさみです。先が鋭くスマートな刃。細かいカットワークに最適です。 合わせ三つ巻き縫い独特の繊細でシャープな線の表情を出すのにぜひおすすめです。


c  糸切りばさみ


d  針
ポジャギ用には絹針がおすすめです。番手は 「四之二」番くらいですが、自分の手に合う長さの、細めのものがあればOKです。
写真の針はポジャギ用の縫い針です。布通りの良い針にするため、針軸に沿って特殊研磨を施し、麻布でも絹地でも楽に縫えます。 糸通りの良い大きな針穴仕様で、おすすめです。


e  待ち針
針山も用意しましょう。


f  定規
平行線を引くことが多いので、透明で方眼入りのものが便利です。


g  へら
布に折り目や印をつけるのに使います。 へらを使うときにはへら台を用意しましょう。へら台はゴム製のカッティング・マットや厚紙などが代用できます。 ペンタイプのアップリケへらは、つまみ縫いなどの図案を起こすときや細かい印づけにとても便利です。
へらで印が目立ちにくい場合は、印づけペンを使うこともあります。シャープペンシルタイプのものを選ぶと細い線が書けて作業が楽です。
へらの代わりに目打ちを使うこともできます。詳しくは下記の便利道具編で紹介します。


h  糸
基本的に縫い糸として細めの絹糸を使います。麻や木綿には絹糸以外に麻糸や木綿糸も使えます。絹は必ず絹糸を使います。 古くからポジャギでは糸の色で作品にアクセントをつけることが多く、目立つ色で縫うという使い方が主流ですが、色はお好みで選べられます。 縫い目を目立たなくしたいときは布と同色系に、アクセントにしたいときは布地とは違う色で。
サンチム縫い(絹には細い絹糸も使えます)やジグザグ飾り縫いなどには太目のステッチ糸を使います。 縫い目を目立たせる場合は縫い糸としても使えます。
写真の糸は韓国製絹糸です。細い棒状の糸巻き(6×2cm)に巻いてあるのでお裁縫箱にもすっぽり入り、携帯にもとても便利です。


《その他、あると便利な道具》

 


a  手芸用ボンド
小物作りの際、しんを貼り合わせるときなどに使います。こうもり飾りを作るとき、切口につけて糸のほつれを防いだりもします。


b  糸通し
ポジャギでは細い針を使うので、針の穴も小さく、なかなか糸通しが思うとおりにいかない場合もあります。糸通しを使うと便利です。


c  アイロン定規
目盛り付きの本体の上で印つけなどの作業後、そのままアイロンをかけられるすぐれものです。印をつける→アイロンでしっかり折り目のつける… の作業が多いポジャギには最強のアイテムです。不織布製なので生地も滑りません。 45度の斜めの線も入っていて三角などのパターンの際便利です。


d  ボールポイント目打ち
ポジャギ制作にとても便利な道具です。へらと同じく布に折り目や印をつけるのに使います。 布目に沿って軽く滑らせると布目通りにしるしをつけることができ、結果きれいな作品が作れます。先端が尖ってない「ボールポイント」 形状なので、布や繊維を傷つける心配もないです。おすすめです。

 

※道具類はオンラインショップでも紹介しています。http://shop.korea-e.jp/