POJAGI工房 Koe

トップページ > ポジャギの部屋 > 基本の縫い方③ 折り重ねはぎ(ぐし縫い技法)

基本の縫い方③ 折り重ねはぎ(ぐし縫い技法)

片方の布の縫い代を、もう一方の縫い代でくるんで巻きかがる縫い方で、 一重仕立ての作品に使います。韓国語では「サムソル」といいます。

薄絹などの生地がおすすめです(麻はかたいので、ぐし縫いの技法は不向き)。 初心者は縫い代を5mmくらいにするとやりやすいです。極めれば3mmまで細く仕上げられます。


*用意するもの:へら・へら台(カティングマットなど)・定規・アイロン

1、2枚とも5mmのところにへらで印をつけます。


2、印にもう一枚の布の端を沿うようにし、5mmずらして布を重ねます。


3、絹はすべりやすいので、待ち針で止め、ぐし縫いをします。縫い目は2mmくらいです。縫い始め・ 縫い終わりは1針返し縫いをします。最後に玉止めをして糸を切ります。


4、広いほうの縫い代で狭いほうの縫い代をくるむように縫い代を折ります。ここで一度アイロンで抑えると作業が楽です。


5、そのまま布を開き、縫い代を倒して、アイロンをかけます。


6、縫い代のきわをぐし縫いし、アイロンで仕上げます。


7、縫いあがりです。縫い目が2本見える面と、1本見える面ができますが、どちらを表にしてもいいです。ただし、完成したとき、 ひとつの面の縫い目の数がそろうように、縫い合わせのとき注意しましょう。