POJAGI工房 Koe

トップページ > ポジャギの部屋 > 基本の縫い方④ 合わせ三つ巻き縫い

基本の縫い方④ 合わせ三つ巻き縫い

薄手の生地でチマチョゴリを仕立てるときに使う縫い方で、 縫い代は凛とした細い線に。韓国独自の縫い方で、韓国語では「ケキ」といいます。縫い代の幅が均等になるように心がけましょう。

 

薄絹など、運針がしやすい布に向いています。 繊細でシャープな線が魅力のポジャギに仕上がります。糸はなるべく布の色と同色系のものを選びます。※ 縫い方写真ではわかりやすいように糸の色を変えています

 

*用意するもの:へら・へら台(カティングマットなど)・定規・ アイロン・カットワーク用はさみ

 

 

 

 

1、ピースは周囲に1cmの縫い代をつけて裁ち、布端から5mmのところにへらで印をつけます。

 

 

 

22枚を中表に合わせてぐし縫いをします。縫い目は2mmくらいです。縫い始め・縫い終わりは1針返し縫いをします。最後に玉止めをして糸を切ります。

 

 

 

3、縫い代を縫い目から片側に折ります。このとき、 写真のように縫い代側からは縫い目が見えないようにすると仕上がりがきれいです。アイロンで一度おさえると作業が楽です。

 

 

4、折り山の2mm下にへらで印をつけます。

 

 

5、ぐし縫いをします。このとき布は4重になっています。

 

 

65の縫い目のきわから、余分な縫い代をカットします。 縫い糸は切らないように気をつけましょう。このときに重宝するのがカットワーク用のはさみです。刃先が鋭くスマートで、 細かいカットワークに最適です。合わせ三つ巻き縫い独特の繊細でシャープな線の表情を出すのにぜひおすすめです。 詳しくは道具編をご参照ください。

 

 

76の裁ち端に定規を合わせて、へらで折り目をつけます。

 

 

 

8、裁ち端を内側にして、折り目から折ります。 アイロンをかけてしっかりおさえます。

 

 

 

9、縫い代の中間をぐし縫いします。 このとき布は6重になっています。

 

 

10、布を開き、アイロンで整えます。

 

 

11、裏面です。

 

 

12、表面です。

 

※縫い代は大体1cmくらいですが、もっと細く縫い進めていくと1cm以下の縫い代でも間に合います。作業の前に一度試し縫いをして、 必要な縫い代を割り出しておきましょう。