基本の縫い方① 巻きかがり縫い

ポジャギで最も多く使われる縫い方です。 縫い代を折った2枚の布の折り山をかがっていきます。韓国語では「カムチムジル」といいます。縫い目がアクセントにもなるので、 目立つ色の糸を使うことも多いです。

*用意するもの:へら・へら台(カティングマットなど)・定規・アイロン

   

1、縫い代は7~8mmです。布の裏にへらで印をつけます。印はなるべく布目を通してつけます。 ボールポイント目打ちを使うと簡単に布目を通すことができます(道具編をご参照)。

   

2、へらの印に沿って縫い代を裏側に折ります。アイロンを当てて、きちんと折り曲げてください。

   

3、2枚のピースを外表に合わせます。

   

4、2枚の間から手前に針を出して糸を引きます。

   

5、玉結びを針先で押し込んで布の間に隠し、向こう側から針を刺し、4と同じ位置に出します。

   

6、折り山のきわを1mm間隔の針目で縫い進めます。針は布に対して直角に刺します。 折り山を深くすくってしまうと縫い目が盛り上がってしまうので、折り山のきわを浅くすくうように。糸は引きすぎず、 折り山の上に自然におくような感覚で。

   

7、1mmずつ直角に針を進めているので、糸目は斜めになります。

   

8、縫い終わりは同じ針目にもう一度針を通し、引いた糸の輪に針を通します。そのまま糸を引き締めてください。同じ要領でもう一度。 2~3mmくらい残して糸を切ります。

   

9、布を開いてアイロンで整えます。

   

10、出来上がりです。