基本の縫い方② 折り重ねはぎ(巻きかがり縫い技法)

片方の布の縫い代を、もう一方の縫い代でくるんで巻きかがる縫い方です。 どちらの面にも縫い代端が出ないので、一重仕立ての作品によく使います。また、表と裏が同じ縫い目に仕上がるのも特徴です。韓国語では 「サムソル」といいます。

   

モシ(麻)や薄絹などの透明感のある生地がおすすめです。初心者は縫い代を5mmくらいにするとやりやすいです。 極めれば2~3mmまで細く仕上げられます。

   

*用意するもの:へら・へら台(カティングマットなど)・定規・アイロン

   

1、布の裏にへらで印をつけます。一枚は5mmの縫い代、もう一枚は1cmの縫い代。それぞれを裏面にきちんと折り曲げます。 印はなるべく布目を通してつけます。ボールポイント目打ちを使うと簡単に布目を通すことができます(道具編をご参照)。

   

2、2枚のピースを外表に合わせ、巻きかがり縫いをします。折り山のきわを1mm間隔の針目で縫い進めます。 針は布に対して直角に刺します。折り山を深くすくってしまうと縫い目が盛り上がってしまうので、折り山のきわを浅くすくうように。 糸は引きすぎず、折り山の上に自然におくような感覚で。詳しくは「基本の縫い方① 巻きかがり縫い」の項をご参照ください。

    

3、縫い代は1(くるまれる側):2(くるむ側)の割合になっています。

   

4、2枚を中表に合わせ、縫い代どうしを重ねます。

   

5、狭いほうの縫い代端に定規を当て、広いほうの縫い代にへらで印をつけます。

   

6、印に沿って縫い代を折り、狭いほうの縫い代をくるみます。ここで一度アイロンで抑えると作業が楽です。

    

7、そのまま布を開き、縫い代を倒します。

    

8、縫い代の折り山に定規を合わせ、へらで印をつけます。

9、印にそって折り返します。

     

10、折り山どうしを巻きかがり縫いします。

     

11、布を開き、アイロンをかけます。

     

12、裏からと表からでは縫い代の色が違うので、好きなほうを表面に。縫い目は表裏同じく仕上がります。

     

13、慣れてきたら、細めの縫い代にもチャレンジーしてみてください。